0924花背トレランコース整備

三連休最後のコース整備の様子です。
花背の三本杉は何事もなかったかのように、神々しくそびえ立っていました。

三連休で延31人の作業も、安全第一で終えることができました。
三日間山に籠り仕事を終えた実行委員長の男の背中です。腰が痛いとか⚡️

実行委員長ブログはこちら。
参加の皆さんお疲れ様でした😁

0923花背トレランコース整備

本日はこちらの13人で花背トレランのコース整備をしてきました。

A班からC班に分かれて作業を行い、チェーンソー2台で倒木処理もスムーズに進みます。
普段使わないノコギリ作業では、腕の筋肉がぷるぷる震えてきました。

さて作業部隊C班は、土木作業を担当し、奥野親方を筆頭に、台風でエグられてかんかちこんになった林道をツルハシなどを使って、道路を平らにする作業をしました。
明日はまたメンバーが変わり作業が続けられます。
さぁ!もう一踏ん張りですよー!

0922花背トレランコース整備

朝、雨が降る中、花背トレランのコース整備を始めました。
皆さんに楽しく走ってもらうのをイメージしながら、何だかんだ9月3回目の整備です!
コース上に計ったかのように倒れた杉。
チェーンソーやノコギリを駆使して、密に群がる昆虫のように集まり人海戦術で切り倒します。

さて、今日はKTCに入るのを決めたジニーちゃんからコメントもらいます。

2年ぶりに花背に来ました(^-^)
今日から3日間コース整備頑張ります。
山ガールでトライアスロンはしませんがよろしくお願いします♡

シンプルで誠実なコメントありがとうございます(^-^)/

0804花背トレラン試走会

今日は、山村都市交流の森のある花背を舞台に、総勢約30名で試走会をしてきました。

市内よりも5度以上は気温が低いというものの照りつける太陽の中、ときには木漏れ日を走り、Aコースは25km、Bコースは16kmを楽しみました。
八丁平のせせらぎ、峰床山からの眺望、どれも素晴らしいです。

清流でドボンしてクールダウンしつつ、日本一の高さの花背の三本杉を見上げ、ラストを走ります。

暑さの中、やむなくリタイアという場面もありましたが、なーに、花背は次回のチャレンジを待ってます(^-^)/
参加された皆さま、本当お疲れ様でした。
楽しんでいただけたら幸いです。

選手、スタッフともに、本番までしっかり準備して、120%楽しみきりましょうね!!
いやー、楽しかったー!

0601本日花背エントリー開始

第5回記念花背トレランは10月28日(日)実施!
老いも若きも女も男も花背へゴー!
笑顔あふれるスタッフと日本一の花背の三本杉が、最高の舞台をご用意します!
エントリーは本日正午スタート✌
http://www.kyoto-triathlon.com/hanase/top.html
エントリーを決めてる方は、下のリンクからも行けます(^-^)/
・スポーツエントリーは→こちら←
・ランネットは→こちら←

0526 SABA to HANASE

第23回鯖街道ウルトラマラソンが、無事終了しました。
「京は遠ても十八里」
昔、鯖を運んでいた歴史ある古道、鯖街道。
皆さんに満喫していただけたのであれば幸いです。
さて上位の選手のご紹介が遅れました。

上からA鯖男、A鯖子、B鯖男、B鯖子です。
上位入賞おめでとうございます(^-^)/
鯖を運んでいた当時、一緒に走っていたら、さぞかしその早さに驚かれたことでしょう。
参加された選手の皆さん、公私ともにエイドを運営していただいた方、応援に駆けつけていただいた方、その他の関係者の方々、皆々様のお陰で鯖を無事終えることができました。
本当にありがとうございました。

そして次なる大会は「第5回花背トレイルラン」です。
平成30年10月28日(日)に、花背の山村都市交流の森一帯を舞台とするトレラン大会を開催します。
このレースの見所は、日本一の高さの杉「花背の三本杉」を仰ぎみることができるところです。
何と昨年の計測でわかりました。笑
新聞記事は→こちら←
6月1日(金)12時申込開始ですので、皆さんのエントリーお待ちしてまーす(^-^)/
スポーツエントリーは→こちら←
ランネットは→こちら←

花背の三本杉

花背トレイルランでお馴染みの三本杉。
何と日本一の高さだったそうです。
従来は35mとのことでしたが、ドローンを飛ばして測ってみるとなんと60m!
いやー、素晴らしい!
今日の京都新聞の1面を飾りましたよ(^^)d
まだ見ていない方は、ぜひ来年の花背トレイルランにお越しやす(^-^)/
http://s.kyoto-np.jp/top/article/20171121000106

1119花背トレランクリーンアップ

大会は実施していませんが、コース状況の確認とクリーンアップをしてきました。
と言っても、4km地点の東屋はこんな景色!
地面が見えないのでゴミも見えませんでした(^^;

とは言え、雪を楽しまないのももったいないってことで、スノーランを決行。
峰床山の頂上は気持ちよかったです。

山麓まで降りてくると一転ご覧の景色。

今日は、紅葉と雪景色の両方を楽しめたお得な日となりました。
参加のみなさん、お疲れさまでした。
花背は間もなく銀色の世界に変わります。
トレランはこれでしばらくお休みです。
来年の春にまた来るよ(^^)d

【緊急連絡】花背トレイルランを中止します。

選手の皆様
スタッフ他関係者の皆様へ
花背トレイルラン実行委員会からお知らせします。
ご承知のとおり、花背周辺では台風21号の影響による通行止めと倒木の被害が発生しています。
また台風22号が勢力を維持したまま近畿地方に接近するとの予報が発表されています。
これを受け、10月26日に現地を調査し、実行委員会で大会実施の可否について協議しました結果、以下の理由によりやむなく中止させていただくことになりましたのでお知らせします。
①安全が確保できない。
コース上の倒木は、処理をすれば走行に問題はないのですが、山の斜面からずり落ちた倒木が多くありました。 最近の長雨で地盤が緩んでいますので、台風22号の影響により雨が降れば更なる倒木の可能性が高くなります。
②緊急車両が通行できない。
コース内で倒木が道をふさいでいる箇所があります。 また百井、大見地区が通行止めになっているため緊急車両が走行できません。
③緊急用の電話が使えない。
1Aの二ノ谷管理舎が停電のため緊急用の電話が使えません。
④花背峠への一般道が危険
通行止めは解除されましたが、崩壊した場所がかなりの高さまでブルーシートで覆われています。 次に雨が降ると、長雨で地盤が緩んでいるため再び崩壊する恐れがあります。
⑤バスの走行が未定
京都バスは通行止めでなくても、台風22号が近づいてきているため独自の判断で運行を休止する可能性があるとのことです。
⑥台風22号の接近に伴うリスク
上記の影響に加えて京都までの道中やご自宅までの帰り道に、台風22号の接近に伴う様々な交通機関等への影響が想定されます。家を出てから帰るまでが大会ということを考えると、行き帰りの道中を含めてこのタイミングでの大会の開催には多くのリスクが伴います。
大会に向けて十分な練習を積み、楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますことを、心より深くお詫び申し上げます。
当実行委員会としましても、選手の皆様に花背の豊かな自然を思う存分楽しんでいただきたいとの思いから準備を進めてきていただけに、大変残念な気持ちでいっぱいです。
また今年のスローガン「もっとエンジョイ」を実現するために、スタッフ一人一人が心を躍らせていたことにも心が痛みます。
実施の可能性を探りながらも、どうしても解決できない事実を前にしての苦渋の決断に、選手、スタッフ、関係者の皆様、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
来年は秋の花背でお会いできることを心から望みながら、皆様のこれからのスポーツライフが充実し、実りあるものとなりますようお祈りします。
今後とも花背トレイルランをどうぞよろしくおい願いします。
ぜひ来年お会いしましょう!
心よりお待ちしています!
なお、下記についてご了承ください。
①以下の参加賞をお送りします。
ネックウォーマー、マグマ顆粒、山村都市交流の森特製ストラップ
②参加料の返金はおこないません。
③今大会に申し込まれた方は、来年エントリーの際に特典(内容未定)があります。

花背トレイルランの実施について

KTCが主催する花背トレイルランは、今回が4回目となります。
今まではコースコンディションもよく、天気にも恵まれ、すべて快晴の中で実施できました。
が、今回は少し状況が違います。
台風21号の影響により下記の事実が報告されています。
・花背に至る道路の通行止めが発生
・花背までのバスの経路に運航休止区間が発生
・コース内で倒木が発生(木曜日に確認します)
加えて台風22号が近づいてきています。
これらについて実行委員会で状況を確認し、大会実施の可否について現在検討をおこなっています。
27日(金)か28日(土)に大会実施の可否を判断する予定にしています。
それまで、選手、スタッフのみなさんは、不安を抱えたまま過ごすことになりますが、しばらくお待ちいただきますようよろしくお願いします。
こんな景色を楽しみたい!!!