第1回花背トレラン 運営委員長、競技委員長から

まずは運営委員長から

無事に終われた事に安堵しております。
仕事の合間を縫って会場レイアウトを何度もやり直しました。
選手、スタッフが動きやすい動線を作ったつもりですが、実際は前日の準備で設営して始めて分かった事などがたくさんありました。
色々な大会会場を参考にしながら、手作り感満載で、個性的な会場が完成できたかなと思っています。
参加していただいたみなさん、ありがとうございました。
image

続いて競技委員長兼副委員長から

たくさんの選手にご参加いただきありがとうございました。
鯖や東山のノウハウをもとに運営したつもりでしたが、なかなか難しいものでした。
ここまで準備に関わってきたスタッフのみなさん、お疲れ様でした。
いろいろ改善点がみつかりましたが、来年はさらにいい大会にしていきたいと思っています。
ありがとうございました。
image

明日、実行委員長編です(^^;

第1回花背トレラン ビデオ&エイド

カメラマンikejimaの渾身の一作です。
今後、花背トレランのイメージビデオとして使用します。
しかしみなさん、かっこいいねー。
普段、ちゃんと仕事してますか?
ってあんたが言うなって?(^^;

こちらも大会の雰囲気ばっちりです。
併せて楽しんでください。

次はエイドの様子を。
カメラマンのテルちゃん、なかなかの腕前です。
image

第1エイドは7㎞地点。
今回用意したブドウがことのほか人気だったようです。
image

image

image

第2エイドは19㎞地点。
こちらは廣じぃ特製の冷やし飴が大人気でした。
カメラマンのリカちゃん、本当は走りたかったかもね。
image

さて来年はどんなエイドになるのかお楽しみに!

あっそうそう、昨日のなぜ5時間からの15分に人が多かったかの話。
「計算しつくした上で、制限時間をたっぷり使って、山を楽しんだ人たち」かもとの意見がありました。
なるほど。
貴重なご意見ありがとうごさいました。

明日は、実行委員長のひとりごとです。多分(^^;

第1回花背トレラン タイム別人数

そろそろ選手のみなさんは、筋肉痛が治まってくる頃でしょうか?
いやいやこれからの人もあったりして(^^;

でも上位でフィニッシュしたこの方たちは別。
きっともうケロッとしていることでしょう。
image

さて、今回の選手の完走タイムですが、予想ではフルマラソンと同じか、それよりも少し早いくらいかなというものでした。
ところがふたを開けてみると、ほとんどの方がフルマラソンよりかなり速いタイムだったのではないでしょうか?

こちらのグラフをご覧ください。
15分ごとの完走タイムの人数です。
真ん中あたりが多くなるのはわかるのですが、少しへこんでいるのはなぜ?
2014time

完走者287人中6割の方が、3時間15分から4時間30分の間に帰ってこられています。
制限時間の5時間30分は、適切だったとほっと胸を撫で下ろしています。

それから
「うわー急がな間に合わへん!」
と必死に頑張った方が、少し余裕をもってフィニッシュしたのが、5時間~5時間15分の山、と想像できるのもおもしろいですね(*^^*)
来年のグラフが楽しみになりました。

他にも解釈できるという方は、お知らせくださいm(__)m

残念ながら関門でリタイアされた方が9人。
ぜひ来年再挑戦して完走してくださいね。

明日につづく…

第1回花背トレラン 表彰者&スナップ写真&動画

記念すべき第1回大会の総合チャンピオンは、滋賀県からお越しの伊藤朋一さん。
KTCの練習会やKTCカップにも参加していただいたことのある方です。
数々の大会で優勝経験のあるスーパーアスリートでKTCとも懇意のトライアスロンクラブ「Big Lake」のメンバーです。

タイムは予想タイム2時間25分を大幅に上回る驚異の速さ2時間17分34秒。
image

2位も同じく滋賀県からお越しの西村広和さん、2時間17分57秒。
image

3位は大阪府からお越しの三浦誠司さん、2時間19分18秒。
image

いやいや恐れ入りました。
強制的に歩行区間を作らないとこちらの受け入れ準備が整わないくらいです。
ともかくもおめでとうございます。
image

女子の初代チャンピオンは、京都府の常田めぐみさん、3時間50秒。
あちこちで有名な女性アスリートです。
おめでとうございます。
image

2位はKTCが誇る吉留巳雅さん、おめでとう!3時間10分18秒。
image

3位も同じく京都府の西田理恵さん、3時間15分53秒。
image

来年は女子のサブスリーが現れるか期待ですね。

表彰対象ではない方ももちろん勝者です。
素晴らしい笑顔を見せてくれました。

そんな表情をKTCのカメラマンIKEJIMAが1日走り回って撮ったスナップ写真と動画をどうぞ!
かなりのクオリティーですよ。
ただし全員ではありませんのでご容赦を!

スナップ写真←合言葉は「2014hanase 」

動画はこちら

明日もネタは続きますよ(^^)d

第1回花背トレラン 無事終了!

image
image

image

第1回大会は、秋晴れの絶好のコンディションのもと無事終了しました。
参加された選手のみなさんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
我々スタッフにとっても心に残る大会となりました。
スタッフを代表しまして熱くお礼申し上げます。

花背トレイルラン実行委員長 宿院雅広

image
(スタッフはご覧のメンバー)

申込者347名中、出走者296名、完走者287名です。
速報データのうち総合成績はこちら
年代別成績はこちら

明日以降は、レースの模様をたっぷりと振り返ります。
乞うご期待(^^)d

ご意見、ご感想がありましたら、お問い合わせページからお聞かせください。
よろしくお願いします。

第1回花背トレラン直前情報⑨ いよいよ

明日第1回大会です。
天気はいいようですよ。

会場はこんな感じで仕上がりました。
手作り感一杯ですが(^^;

image

みなさん、明日は気を付けてお越しください。
お待ちしています(^^)/

第1回花背トレラン直前情報⑧ 見所

たくさんの見所がありますが、管理人が特にお勧めするのがこの3つ。

①木漏れ日の森の東屋とその先のシングルトラック(4km~5km)

2kmのハードな登りの先にたたずむ東屋
image

そしてその先に続くシングルトラック
image

まさにトレランしてるって感じです。

②八丁平とその先の峰床山へ続くブナ林(10km~12km)

八丁平の風景にはいつも癒されます。
image

森の空気が新鮮です。
image

③三本杉と最後の急登(20km~22km)

見応え抜群の三本杉
image

レース中はのんびりできないかもしれませんが、時に休憩も必要ですよ。

大会まであと2日です(^^)/

第1回花背トレラン直前情報⑦ 参加賞

参加賞を入れる袋は不織の トートバッグです。
すみません、写真撮り忘れました^^;
せっかくなのでエコバッグとしても使えるようにしましたので、 日々のお供にしてあげてくださいね。

その中には、大会記念Tシャツ他多数
何があるかはお楽しみに!
image

大会まであと3日です(^^)/

第1回花背トレラン直前情報⑥ スタッフ

今回の大会でのスタッフは約50人。
8割がKTCクラブ員です。
鯖街道ウルトラマラソンや東山三十六峰マウンテンマラソンで培ったノウハウを生かして運営します。
2割の方は、その関係者でこれまた経験豊富な精鋭陣です。

全員花背トレランオリジナルスタッフビブを付けてみなさんをお迎えします。
ぜひお気軽にお声かけくださいね。

image

花背トレランまであと4日です(^^)/

第1回花背トレラン直前情報⑤ 送迎バス

参加される選手のみなさん、体調は万全ですか?
image
(コースの② ここから約300mシングルトラックが続きます)

さて、選手のみなさんから何件かお問い合わせをいただいています送迎バスの件です。
当初の予定より出発が30分早くなりご迷惑をおかけしています。
国際会館駅発は7時となりますが、駅に6時57分着の地下鉄で来られた方に対応できるよう最終のバスの出発時刻を7時15分頃とさせていただきます。
やきもきさせてしまい申し訳ありませんが、どうぞご予定ください。

なお、バスに不乗車の場合でも、お申し込み時の規約のとおり返金できませんのでご了承ください。

また追加でお乗りいただける余裕はありませんが、若干名なら対応できます。
その場合は、お問い合わせください。

さぁ、大会まであと5日です。
気分を高めていきましょう(^^)/